忍者ブログ
インフルエンザの世界的規模での感染が同時に流行することの恐ろしさと対策・予防などを考えます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パンデミックに対する認識や危機感をしっかりと持っている会社は決して多くありません。
しかし、その中にはパンデミックが起こり得ると想定し、実際にそうなった場合にどういったものがあれば貢献できるかという事を研究し、商品化にこぎつけている企業もいくつかあります。

その中でも特にパンデミックに対して力を注いでいるのが、大幸薬品です。

大幸薬品はラッパのマークで有名な会社で、一家に一つは置いてあるあの正露丸を開発した事でも良く知られています。

大幸薬品の販売しているパンデミック用対策キットは、クレベリンSやクレベリンGなどの除菌・消臭剤、ビクレ、ウィルシールドなどの消毒薬、病原菌に対する抗力の高いエプロン、キャップ、マスク、手袋などを一式にした、総合的な対策用キットです。

パンデミックで感染する流行病は、基本的に既存の薬で直るような病気ではないので、少しでも感染の可能性を低くする事が重要なのですが、このキットはそれに特化した内容のものだといえるでしょう。

なお、値段は105,000円と、個人向けではなく企業向けの商品となっています。
恐らく近い将来に、内容も値段もコンパクトにした個人向けの商品が発売される事でしょう。

今の日本でパンデミックの対抗策を練る場合、できる事は限られてきます。
その中にあって、こういったキットの存在は非常にありがたいですね。

一般家庭に一つは置いているという状況になるよう、大幸薬品には更なる研究努力を期待したいところです。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アジア風邪によるパンデミック HOME
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索